一人暮らし、はじめますか?

これから一人暮らしを始めようとしている方の参考になれば嬉しいです。

初めての一人暮らし。衣替え、冬物の収納。そして防虫剤を買い揃えよう(1) For Spring 2022.

本記事は、過去記事を修正・加筆したリライト版です。

第2版  2022年04月30日
第1版  2021年05月02日 

次回は、5月7日(土曜日)に記事更新します。

【 ご参考 】

以下の記事で、Amazon楽天市場でかなり値段の差があるものがありますが、誤入力ではありません

下記「1.  衣替え → 冬物をしまう家事フロー2022年4月30日追記いたしました。

1.  衣替え、そして冬物をしまう家事フロー(追記)

         家事 ① 冬布団、ダウン、カーテンは自宅で洗濯 → 圧縮袋で収納
         家事 ② クローゼットの中の除湿剤を交換
         家事 ③ 加湿器をしまう前にお手入れ
         家事 ④ コート等をクリーニングに出す
         家事 ⑤ 防虫剤を入れ替える

家事 ① 冬布団、ダウン、カーテンは自宅で洗濯 → 圧縮袋で収納

春の訪れとともに使わなくなった毛布暖かいシーツ。そして(ユニクロの1万円くらいの)安~いダウン

harenokuni2019.com

そして冬の間結露した窓やサッシで濡れ、よ~く見ると小さい黒カビが点々と付いた白いレースのカーテン

harenokuni2019.com

これらを、わたし、もう4月上旬お天気の良い休日を選んで早めにお洗濯そして、春のポカポカした暖か~い日差しにあててしっかり乾燥。

そう、このあたりの家事を、GWまで持ち越さず早めに済ませておくのがお薦めですっ。

あっ、使う洗剤・漂白剤については、下記をご参考ください。

harenokuni2019.com

で、最後は下記のような圧縮袋にしまって、クローゼットに収納。

Amazon's Choice 】 井筒屋セレクト

お値段は、¥1,380 / ¥3,599(2022年4月30日現在)

こういう圧縮袋って、チャックが閉めやすいかどうかちゃんと閉まるかどうかが肝心ですが、これまで幾つか試したなかで、わたしが一番気に入ってるのがこれですっ。


家事 ② クローゼットの中の除湿剤を交換

晩秋、本格的に寒くなる前に交換したクローゼットの中の除湿剤

これ、冬の間、結露で発生した湿気で容器の中は満水状態になっているんで、わたし、これも4月早々に交換しました。

除湿剤については、下記の記事2. 湿気対策の項をご参考ください。

harenokuni2019.com

 

家事 ③ 加湿器をしまう前にお手入れ

そして、毛布とか要らないほど暖か~い夜が続くと、次に不要に思うのが加湿器でしょう。

harenokuni2019.com

この加湿器、すぐ赤い水垢が付きますよねっ。

で、給水タンクの内部とかの水垢をとるのに、色々試したなかでめっちゃ綺麗になるのがこれっ。

Amazon's Choice 】 井筒屋セレクト

お値段は、¥   818 / ¥1,328(2022年4月30日現在)

綺麗にするコツは、パッケージの裏に記載されている通り「2リットルの水に対し、約10g程度」という分量をちゃんと守ることですっ。


家事 ④ コート等をクリーニングに出す

冬のスーツ、オーバー、トレンチコート、マフラー、カーディガン、セーターなどをクリーニングに出すと、簡単に1万円は超しますね(泣)

で、ここで、大事なのは、クリーニングから返ってきた衣服が包まれてる透明のビニールを必ず取ることっ。

梅雨、このビニールの内側からカビが発生することがあるからです(By もうすっかり仲良しのクリーニング屋のおばちゃん 笑)


家事 ⑤ 防虫剤を入れ替える

そして、メイン・イベント(笑)外から侵入してくるゴキブリムカデコバエアリや、衣装ケースタンス・クローゼットの中の衣服につく虫に、各種防虫剤でしっかり対策しましょう。

はいっ、次項から、詳しく書いていきます。ご参考になれば幸いです。

2.  防虫剤「 コンバット アリ用 」

それは(2020年)5月に入り、暑くもなく、寒くもないベスト・シーズンになり、ベランダのサッシも全開にして、過ごすようになった頃でした。

ある日、フッと見ると、小さ~いアリが、サッシそばの床に何匹かいるのを発見っ。

こ、これは、ベランダから入ってきたんでしょう、きっと…。

で、すぐ買ってきたのが、これっ。

Amazon's Choice 】 井筒屋セレクト

お値段は、¥   716 / ¥1,595(2022年4月30日現在)

この「コンバット  アリ用」も、この後、ご紹介する「ゴキブリ用」と商品コンセプトは同じです。

その毒が廻った体でそのまま巣に帰り、そこで皆を巻き添えにして、死んでちょうだい!」って、そういうコンセプトの商品。

つまり、死骸が中に残るタイプではないのですが、その後ピタッとアリを見かけないようになったんで、まっ、効き目はあったんだと思います。

ちなみに、アース製薬のこういうのも、買って使ってみたことがあります。

お値段は、¥   411 / ¥1,127(2022年4月30日現在)

これっ、設置しようとして、ちょっと(製品が)傾いただけで、中の(アリを引き寄せるための)顆粒がサラサラ~って、こぼれ落ちてきました

わたし、それを掃除する手間が増え、ちょっとイラッときましたね(笑)

まぁ、パッケージに「製品を傾けると(アリを引き寄せる)顆粒がこぼれます」って、ちゃんと書いてはあります。でも、これって…。

こちらの商品はコンバット」のように、フローリングの床とかに、ピタっとくっ付けたままにするシールもありません。

なので、何かの拍子に足が当たったら、きっと同じように顆粒が散らかります。

ということで、井筒屋では、現在、この商品はお取り扱いしておりませんっ(笑)

3.  防虫剤「 アース ごきぶりホイホイ

わたし、もう、はるか昔から、ゴキブリ退治といえば、このごきぶりホイホイをずっと買ってきました。

井筒屋セレクト

お値段は、¥   530 / ¥2,470(2022年4月30日現在)

この商品の良いところは、中の死骸を見てあっ、やっぱりゴキブリいたんだっ」とか「うわっ、こんなに捕れてるっ」って、効果が目に見えるところ。

でも、ずっと長年悩みの種なのは、もう毎シーズン、必ず何かの拍子に自分の足で上から踏んづけたり物を落としたりしてしまうんですよねぇ。

それで、ごきぶりホイホイの屋根が無残にもつぶれ、それが下の粘着シートにベッタリくっ付いてしまったことが、もう…数知れず(笑)

今回、このごきぶりホイホイ」を玄関に2つ台所に3つ居間に5つ置きましたが、自分の足で踏まないよう、その置き場所選びには、結構気を使いました。

CMですっ。

Amazon Prime 会員(月額500円)になっておくと、Amazonでお買い物したときの送料が、ぜ~んぶ無料プライム会員でない場合は、2,000円以上買って、やっと送料無料)  

Amazon Prime会員(1か月間だけ無料利用して解約可)

そうすると、このプログでご紹介する商品、Amazon Prime 会員であればご近所のスーパーや、ドラッグストアより安く買えるものばかりっ。

はいっ、こちらのCM動画でも見て、たまには胸キュン!しましょう。

www.youtube.com

地上波、BSで洋画を見るのも良いけど、見たい映画を、いつでも好きなときに見ようと思うなら、やっぱり Amazon Prime VideoAmazon Prime 会員)は外せないと思います。

Amazon Prime 会員であれば、雑誌・漫画・書籍が読み放題、音楽200万曲)も聴き放題で、月額500円わたし、毎月、完全に元は取れてますっ。

Amazon Prime会員(1か月間だけ無料利用して解約可)

4.  防虫剤「 コンバット ゴキブリいなくなる! 1年用

今回(2020年)はごきぶりホイホイだけでなく、さらに、このコンバットも買ってみました。こちらは、床にシールで貼り付けられるタイプです。

井筒屋セレクト

お値段は、¥2,097 / ¥1,471(2022年4月30日現在)

はいっ、冷蔵庫や家具と壁の隙間に置きたい方は、こちらっ。

井筒屋セレクト

お値段は、¥   894 / ¥1,275(2022年4月30日現在)

これ、さきほど書いた通り、中に死骸が残らないんで「ゴキブリがいるのか、いないのか」「効いているのか、いないのか」が分からないです。

なんで、やっぱり「ごきぶりホイホイ」だけにしておこうかなぁ、と結構売り場で葛藤しましたが悩んだ末に、(2020年)今回初めて「コンバット」も買いました。

購入の決め手は、床だけでなく付属の両面シールを使って壁際に立てて設置ができる」っていう点。これが、いいです。

ただねぇ~、一つ残念なのは、この両面シールが小さいのか、粘着力が弱いのか、すぐとれてしまう点

なので、わたし、セロテープで補強して貼り付けてます

メーカーさん、本体の大きさに対して、シールが小さすぎぃぃぃ

はいっ、上記の部分、記事内容を少し訂正しておきます。

昨年(2021年)あらたに、新たに改良版も発売されてますっ。

井筒屋セレクト

お値段は、¥   582 / ¥1,627(2022年4月30日現在)

上から見ると、四角形から円形に形状を変え、上のアフィリエイトの商品(10個入り)より、サイズも一回り小さくなっていて床にしっかり貼付ができます。

ということで、記事内容を謹んで修正しときます。

まぁ、気にもしてないと思うけど(コンバットの製造元)KINCHOさん、ごめんなさいっ。

5.  防虫剤「 アース ゴキジェットプロ 」

そして、そして、不幸にもゴキブリに出くわしてしまったときに備え、これっ。

井筒屋セレクト

お値段は、¥1,495 / ¥------ (2022年4月30日現在)

このスプレー、先に、細長~い棒状のノズルを付けることが出来ます。

なので、退治するゴキブリをピンポイントで狙って噴射でき、不必要に薬剤で床を汚さないのが、とても良いですっ。

こういうちょっとした工夫って、特許までではないにしても、きっと実用新案くらいは登録されてるんでしょうね。

6.  防虫剤「 アース ムカデコロリ 」

井筒屋セレクト

お値段は、¥1,980 / ¥2,246(2022年4月30日現在)

まぁ、どっちもどっちという感じではありますが、わたし、ゴキブリよりムカデの方が、ほんとダメかもです。

あの見た目が、わたし、ほんとダメっ。

前回の単身赴任先のアパートで、一度ムカデを見かけてすぐ買いましたが、今回は買うかどうか迷ってます。

前回は2階で、アパートの隣家の裏は草ぼうぼうの広大な空き地だったせいかムカデもいたんですが、今回は高層階、そして周囲には空き地とかもないんで、今のところ見かけません。

でも、ムカデって、玄関のドアの下通風孔、きちっと閉めていなかったサッシの隙間から入ってくるんで、油断は大敵ですっ。

ジメジメする梅雨の頃が、一番ムカデは出るような気がします。

うん、今年、やっぱりこれも買って、しっかり防虫しておこう。

ちなみに、この製品も「コンバット アリ用」「ゴキブリ用」と同じタイプです。

「生け捕り」タイプではなくその毒が廻った体でそのまま巣に帰って、もう皆を巻き添えにして、そこで死んでちょうだい!」って、そういうコンセプトの商品ですねっ。

はいっ、今回も貴重なお時間使って、長文を読んでいただき、有難うございました。

防虫剤あれこれ、次回に続きます。

©三代目井筒屋  本記事の著作権は、三代目井筒屋 (はてなブログ id:harenokuni2019)  に属します。

↓  クリックして頂けると、とっても嬉しいですっ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

20220502185426

© 2020 - 2022 三代目井筒屋(一人暮らし、はじめますか?)