一人暮らし、はじめますか?

これから一人暮らしを始めようとしている方の参考になれば嬉しいです。

単身赴任、癒しを求めて

次回は、3月12日(土曜日)に記事更新します。

今回のアフリエイトは、おじさんが昨秋から始めた山歩きグッズ、井筒屋スペシャル・セレクトでっ(笑)

1.  美しい絵に、癒される  

おじさんの寂し〜いバレンタインデーの日、年末年始からずっと行きたいと思っていた美術展「ホキ美術館名品展」に、 行ってきました。

写実絵画といって「えぇっ!! これ、写真?」と思うような絵ばかり。

気に入った絵画の幾つか、 その画像をここに貼りたいんだけど、 著作権侵害の問題が生じるんで、 やめておきます。

興味関心がある方は、ネットで検索してみてください。

もう、数多い女性の絵なんか、このサラサラな髪の毛の一本、一本、どうやって描いたんじゃ、と思うくらい。

自分で笑っちゃうのは、最後、小1時間も迷った末、気に入った3枚の絵のレプリカ(印刷したもの)まで、か、買ってしまった(笑)

ぜんぶ人物画で、1枚が700円くらい。

額は、後日、あらためて専門店へ買いに行かないといけません。

美術展では、1つ 6,000円くらいで売ってましたね。

まぁ、ほんとは、この単身赴任先の住居「おじちゃんの秘密基地」に飾り、心を癒したいところですが、額をかけられるような壁がなかとです。

どうしようかな…。

これまで、春と秋の院展は、この岡山でも見に行ってました。

でも今回、この「ホキ美術館」が所蔵する写実絵画には、はまりましたね。

美術館は、千葉県にあるみたいなんで、東京に行くついででもあれば、是非訪ねたいなぁ、と思います。

ホキ美術館と同じく、裕福な実業家であった大塚製薬の創業者が作った、徳島県の「大塚美術館」も行ってみたいです。

です、ですっ。

家内と娘は、とうの昔に行ってるけど…。

思えば、40歳で初めての単身赴任(5年)をしたとき、それまで全く興味のなかった、歴史にはまりました。

というか、司馬遼太郎の「歴史小説」に、はまりました。

そして、今回の単身赴任では、絵画や、また音楽により癒しを求めるようになり、自分で、自分の変化に少し驚いています。

もしかすると、わし、もう寿命が近いのかも分かりません(笑)

まっ、40歳の単身赴任で、歴史小説に突如はまったときも、内心同じことを思いましたが…。

ぷっ。

2.  音楽に、癒される 

以前、このブログで紹介した曲が、2曲あります。

その一つ、高橋ジョージと、May.J が歌う「ロード15章」は iTunes で買い、通勤の行きかえり、10回くらいは連続で、自動再生して聴いてます。

困ってるのが、関ジャニ∞の「キミトミタイセカイ」が、待っても、待っても、 iTunes で販売されないこと。

もう、どうなってるんじゃろう(←ニセ岡山弁)

毎週、ドラマ「知ってるワイフ」を見るたび、これを聴きながら通勤できたら、もっともっと心をフラットにして職場に向かえるのに、って思います。

そこで代わりに、最近、嵐の「カイト」を iTunes で買い、毎朝、これまた10回くらい聴いてます(笑)

この曲、わたし、あの紅白で、初めて知り、とても気に入りました。

今でも、あのステージを録画で、たまに見てるとです。

嵐って、ほんと素晴らしい青年たちですねっ。

歌もうまい。

この歌の冒頭、「母は言った、泣かないで、と…」「父は言った、逃げていい、と…」という歌詞があります。

なんだか、すごく心に、じわ~っときますね。

後者の歌詞、わたしが、お客様を前にしたとき、常に、心の引き出しに用意している言葉です。

「嫌なこと」「苦手なこと」「やりたくないこと」は、避けることもすごく大事かも…ですって、そう話すことは結構あります。

自分にとっての「NGワード」を、一度書き出し、そこをハッキリ意識し、避けて次の道を模索していきましょうね、って…。

自分の心の中に何らかの支え、或いは、報われるもなく、ただ、ただ、頑張ってたら、心が壊れちゃいます。

おっ、そうそう、相変わらず、NHK  BS の「街角ピアノ」「空港ピアノ」「駅ピアノ」も、よく録画して見てますね。

不定期の放送なんで、ネットで放送予定を調べ、1回ごとに録画予約するのが、超めんど臭いですけど、まぁ、この番組、ほんと癒されます。 

3.  ハマちまってる、あのドラマ(笑)

そう、ドラマ「知ってるワイフ」のことです(笑)

この記事、2月27日(土曜日)の早朝に、書いてます。

今週あった放送が、第8話。

相変わらず、クライマックスシーンだけ、朝夕、ストレッチをするときとかに、もう何回も再生して見てるとです(笑)

切ない心情を演じきっている広瀬アリスの表情、仕草を見ながら、主題歌、関ジャニ∞の「キミトミタイセカイ」を聴くと、もう堪らんですっ。

です、ですっ。

でも、あと、2~3話で終わってしまいますねぇ。 

で、これ、さすがに恥ずかしいからブログに書くのはやめようかな、と思いつつ、結局書きます(笑)

最近、新たに毎週録画して見るドラマが、もう一つ増えたとですよ (笑)

「オー!マイボス!恋は別冊で」というドラマ。

倉科カナが見たくて…。

去年の3月15日「誰だって、波乱万丈」っていう番組で、彼女に密着取材した内容が放送され、もう好きになりました。

このときの録画は、削除せずにとっていて、このドラマを見始めてからも、見直しました。

嫌いじゃない、アイロン掛けしながら …(笑)

兄1人、妹2人いるんだそうで、熊本生まれの、超しっかり者の32歳。

とっても芯が強そうな顔してます。

某男性俳優と、結婚直前だったらしいですねぇ。

まぁ、この人の、柔和な目元、すごいわぁぁぁ。

そして、髪型、服装、アクセサリー、ほんとにおしゃれ。

それでいて、派手と感じたり、ちょっとクセが強いな、って思うところがない。

どうじゃろう、もし、ホテルのラウンジで、彼女と二人であったとしたら、わたし、ドキドキしてろくに話できないかも(笑)

まっ、心配せんでも、そんなこと、絶対にないですね(大笑)

… にしても、プ、プロデューサー、このぉぉぉ、役作りのために髪を切らすんじゃないっ(怒)

ロングヘアーのバイオリニストだって、良いじゃないのっ。

ぷん、ぷんっ。

まぁ、このドラマでは、主役は彼女ではなく、上白石萌音ちゃんですね。

彼女、そして目立たないところでいうと、ユースケ・サンタマリア(大河ドラマでも良かった)、いい役者ですねぇ。

すごいわぁ。

もう少し、書きたいことはあるんですけど、もう、2,000字を超えちゃった。

はいっ、次回に、続くぅぅぅ。

↓  お山に登って、綺麗な景色を眺めながら、食べる、飲むっ。

ブログ・ランキングに参加してます。
   クリックして、応援していただけると、嬉しいですっ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:harenokuni2019:20201128205140j:plain