一人暮らし、はじめますか?

これから一人暮らしを始めようとしている方の参考になれば嬉しいです。

この1年、退職を余儀なくされた方たち(4)

雛祭りだよ、臨時増刊っ
( 3月3日 3:33 の投稿 )

次回は、3月6日(土曜日)に記事更新します。

お題「#この1年の変化」

はいっ、はてなブログのお題「#この1年の変化」にエントリーする記事、今回で最終回です。

前回の続きから、書いていきます。

1.  まず、履歴書を用意しましょう

履歴書ですが、ルールにそって、丁寧な「内容」で書く(手書きではなく、パソコン入力がスタンダードです)のが、まず大切です。

そして、その内容と同じくらい重要なのが、履歴書に貼る顔写真。

面接に呼んでもらうためには、まず、書類選考に残らないといけません。

今のように、求人が激減している状況では、この書類選考をパスするのが、まず高いハードルかと思います。

その書類選考で、 履歴書に貼付されている顔写真の印象って、人事担当者からみると、皆さんが思う以上にインパクトが大きいですよ。

でも、黙ってたら、まぁ、95%以上の方が、スピード写真を用意されますね。

でも、上目遣いになっていたり、怖い顔だったり、片方の肩が下がっていたり、もう一目でスピード写真って分かります。 

高校生がバイトの応募で、コンビニかなにかに提出する履歴書じゃないわけで、 スピード写真は、ほんとやめた方が良いと思います。 

ついでにいえば、ある全国展開のチェーン店での撮影も、出来が悪いものが多く、お勧めしません。 

ネクタイの結び目を直してくれたり、「もうちょっと、上を向きましょうか」とか、「はいっ、少し右の肩を下げて」とか言ってくれる、そんなご主人がいる写真館が良いです。 

ちなみに写真の料金です。 

スピード写真だと700円~900円、写真館だと2,000円くらいで4枚、追加は1枚が300円くらいじゃないでしょうか。 

長く働けるような企業に「わたしを面接してね」「わたしを雇ってね」っていうときに、写真の費用を惜しんでいる場合ではないと思います。

あっ、あと、写真をとるときは、企業に面接に行く恰好と同じ服装です。 

そう、男性なら、白いワイシャツ、派手ではないネクタイ、スーツといった服装です。

2.  次は、職務経歴書を用意しましょう

はいっ、次、職務経歴書についてです。

これもネット上で、いろんな記入例があります。

その記入例、20代から30歳前半まで、もしくは、50歳くらいまでの、全体のほんの数パーセントの Executive(上場企業の取締役クラス)だったら、あれで良いのかも知れません。

でも、一般の中高年の再就職の場合、さんざん時間をかけ、びっしり文章を書いても、書類選考する人事担当者は読まないと、わたしはそう思っています。

わたしの経験上、書類選考って、まず年齢、そして性別で、ふるいにかけられるのが実際かと思います。

そこをクリアすると、応募書類を選考する担当者の頭の中は「この人、何ができるの?」って、そこが一番大きいかと思います。

なので、どんな業務を、また、その経験年数を自分で通算し、それを箇条書きでリスト化したものが、職務経歴書の最初か、二番目くらいにあるのがベストのように思います。

まぁ、ネットの情報って、全部鵜呑みにするのは、やめた方がいいですね。

そう、それは、わたしのこの記事の内容だって、同じです(苦笑) 

1+1=2 みたいな話ではなく、ケースバイケース、その人ごとで、決して答えは一つでない面が必ずあるからです。

3.  いったん白紙にして、適職を考える

これは、離職した後のメンタルで、意識して自分を仕向けないと、たぶん出来ません。 

再就職がかない、生活の糧を得られるようになっても、体だけでなく、自分の心がついていかないと、長く働けません。

それ以前に、離職を機会に、自分と丁寧に向き合うことをしないと、仕事探しを始めても、求人情報に埋もれ、多々迷いが出るかと思います。

そうして、しょっちゅうブレてると、再就職活動が長期化、そして連敗が続くと心も折れてきます。  

なので、履歴書や職務経歴書を準備しながらでも、下記のようなことを、やってみると良いかも知れません。

自分の心の中を、紙の上に、箇条書きにしてみましょう。

例を挙げます。 

・単身赴任、おれ、無理っ。

・給料は、最低でも手取り〇〇万円はないと、いまの生活が維持できない。

・人の役に立ってることを、実感できる仕事がいいなっ。

・でも、不特定多数の人と接する仕事は、ほんと疲れる。

とか、そんな感じです。

これ、心身がそこそこ元気で、気分が良いときに、やった方がいいですね。

そして、太陽が出ている昼間、できれば自然でも眺めながら、やるといいかも知れません。 

つまり、そこそこにリラックスし、α波が出てるようなコンディションで、やります。  

4.  流れにまかせ、そして、打ち込む

これ、わたし自身が、通った道です。

わたしも、キャリア・チェンジするにあたっては、いっぱい頭で考え、心の中では色んなことを思いました。 

そうして、今のこの道に入ったのは「たまたま」なんですよねっ。 

はいっ、本を買うのがもったいなかったら、「クランボルツの理論」というキーワードで、ネット検索してみてください。

米国スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツという教授の個人のキャリアの8割は予想しない偶発的な事象によって決定される」という理論があります。 

わたしが、この分野の勉強をしていたとき、クラスメートが数十人いました。 

そのクラスメートの殆どが、数あるキャリア理論のなかで、もっとも印象的であったものとして、これを挙げてました。 

はいっ、細かい話は、まだまだ一杯あるけど、このシリーズは、今回でいったん終わりにしようと思います。

ここでは触れてきませんでしたが、飲食店やホテルで働いていた方、その取引先の業者、また、そこでバイトして生活費にあてていた学生たち。

ほんとに苦境に苦しんでいる方は、もう、すごい数いるのだと容易に想像できます。

わたしも、ほんとに心を整えて、真摯に仕事をしようと思います。 

そう、あと、医療従事者の方たちですよね。

家族を感染させないために、車で寝泊まりしている方もいる、そういう記事も読んだことがあります。

「天職」に巡り合い、毎日、心血注いで働いている方、「心をもっていかれる」これを意識して回避していかないと、って、ほんとそう思います。

心がクラッシュすると、その先、長いです。ほんと、長い。

はいっ、長文、ここまで読んでいただき、ありがとうございましたっ。 

まぁ、こういう真面目なネタで書くと、皆さんに付けていただく、はてなスターの数も多い気がしますね(笑)

アクセス数も、激増するし…。

バット、わたしも息がつまってきたんで、次回はドラマ「知ってるワイフ」ネタをはじめ、グッとくだけた記事を書きたいです。 

です、ですっ。← 久々の大和田常務(笑)

ブログ・ランキングに参加してます。
   クリックして、応援していただけると、嬉しいですっ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

f:id:harenokuni2019:20201128205425j:plain